お作法

心を込めて、、、器のワンクッション!

今日は、心を込めて、、、器のワンクッション!のお話しです。

器のワンクッション!って何かしら?

お茶や、珈琲、紅茶をお出しするときに、そのままお客様の前に置くのではなくて、

余韻を残すということ。

余韻を残す??? どういうこと? と思われたかもしれません。

お茶などを置いたら、ちょっと一呼吸して、もう一度手を添えてお客様の前にお出しする。

お客様に、どうぞお召し上がりください。との心を込めての動作です。

人と物へに対する心が大切です。

思いやりは、珈琲に入れるクリームのようなもの。

相手の方の心が、まろやかになりますよ。

思いやりで、お茶や珈琲、紅茶をお出ししてみてくださいね。



-お作法